イメージ画像

魚群探知機で釣り

魚群探知機(Fish Finder)は、超音波(ソナー)の特性や原理を利用して、魚の存在を探り水中や水底の状態を測定分析する事が出来ます。

また、GPS技術を使って目的地までのナビゲーション、自船の位置測定、航跡の表示記録等が行えます。最適なフィッシングポイントをアングラーに示唆し、釣行をサポートしてくれます。

魚探は、そもそもは漁業用に開発されたプロフェッショナルな機器でした。

現在では、レジャーやスポーツの釣り用品として、 小型(ポータブル)で安価なモデルが数多くリリースされており、随分と身近な存在になってきました。海水・淡水に関わらず使用出来ます。

アングラー&ボート

ところで、私たちが、日常生活で使用している「文明の利器」の数々は、軍事関連の研究開発によって生み出されたテクノロジーを応用した副産物である場合が多いのですが、水中音波による計測システムついては、少なくとも第一次世界大戦の頃には、そのその有用性が認められ、活用方法が研究されていました。ソナー(SONAR)という単語は、第二次世界大戦時期にアメリカ海軍において誕生しました。

なお、世界で初めてソナー技術を活用した、漁業用の魚探の実用化に成功したのは、日本の古野電気(フルノ。1948年)です。

また、ボート・レジャー釣りに適した魚群探知機を発売した先駆は、ローランス社(LOWRANCE/USA/創業1957年)なのだそうです。

魚群探知機の基本的な構成

  • 主要部は、本体(検知器・操作/指示部)と振動子(送受波器・センサー)
  • ディスプレイは、本体と一体化しているケースが大多数です。
  • 水温センサー、GPSアンテナ等が付属する魚探もあります。
  • 電源は、バッテリーもしくは乾電池です。

じぶんにマッチした魚探を選びたいものです

国内外、多数のメーカーが多彩な魚群探知機を開発リリースしています。では、どのように選べばベターなのでしょう。

もちろん、予算(懐事情)は大きく関係してきますよね。

そして、ターゲット(釣魚)の種類や、釣行の場所(オフショア、防波堤、湖、etc)、ボートの種類、取付方法、そして、希望する探知測定精度や、GPS・プロッター機能搭載の有無、拡張性などなど、そのアングラー(釣り人)の、フィッシング・スタイルや使い方によっても、適した魚探は変わってくるでしょう。

さかなたち

国内メーカーのほうが、使いやすくて手堅い印象がありまります。海外メーカーのほうが、総体的に激安価格で販売されており、ある意味、コストパフォーマンス的にお得感があります。外国産でも画面表示が日本語に対応しており、サポート体制が充実した機種がリリースされています。

シンプルに価格や数値的スペックの比較を行う事は、確かに検討方法として有効でしょう。但し、各メーカーの特徴、独自技術のメリット、操作性、デザイン性なども考慮に入れて選ぶべきでしょう。

次の点も気になるところでしょう。

  • メーカー(ショップ)サポート
  • ユーザー数
  • ネットや雑誌等での言及数

リーズナブルなエントリーモデルが次々と登場しています

現代ではレジャー・フィッシング向きの激安魚群探知機が、多彩にラインナップされています。

例えば、国内メーカーのホンデックスがリリースしている、HONDEX PS-511CN
現時点において、国産で最もコンパクトで格安なGPS魚探と言えるのではないでしょうか。
シンプルな機能&操作性の、使いやすいエントリー(入門機)タイプです。

4.3型ワイドカラー液晶GPS内蔵魚探 PS-511CN
amazon-logo
¥36,278~(通常配送無料/参考価格¥42,984)

おもなコンテンツ

From Author

2017.04月。春ですね。桜の季節となりました。ここ数年来行けていなかったので、今年こそはどこかしらへお花見へ出掛けたいと考えています。「人大杉」は苦手なのですが。

さて皆様、いかがお過ごしでしょう。このごろの釣果はいかがですか?まだまだ朝夕の冷え込みはかなりのものです。くれぐれもご自愛下さいませ。釣行の際には、天候対策に気を配るのはもちろんのこと、適宜、水分や栄養の補給等を行うなどして、疲労・消耗対策を取りましょう。水難対策にについても、リアルタイムの気象情報をチェックし、現況をよく判断するなど、安全面に充分気を付けて釣りをお楽しみ下さい。

港の絵画

こちらは、「魚探」に特化したビギナー向けのサイトです。

国内外の主要メーカーのご紹介(カタログ感覚でご覧下さい)

釣魚・ロケーション、フィッシングスタイル別の活用アイデア

魚群探知機の原理や仕組み、使い方や見方の初歩的な知識と概要

魚探体験エピソード、グッズ・アイテム類

少々の主観をまじえながら、あれこれと掲載しております。データ更新・ご連絡が超のんびりである点は何卒ご容赦下さいませ。
なお、掲載アイテムのスペック・価格等については変更される事があります。

このページの先頭へ