イメージ画像

ワイヤレス(無線式)の振動子で、より機動的な釣りを

魚群探知機は、通常、本体(操作部・ディスプレイ部)と振動子をケーブルで繋いで使用します。

そして、手軽使えて安価なポケット魚探(携帯型)の場合、たとえば、釣り竿(ロッド)などを利用してケーブルを伸ばし、振動子を水面に浮かせて探知を行ないます。

本体・振動子・ケーブル・ロッド

ところが、堤防・桟橋・湖岸での釣りや、フローター、カヤック、ゴムボートでの使用においては、
このケーブルが邪魔になったり、アングラーの行動範囲が制限されてしまうケースがあります。

そこでですが。

ワイヤレス振動子の場合は、無線なので、比較的自由な行動を可能にします。

ワイヤレスのイメージイラスト

但し、遠くへ流されて回収不能になるとマズイので、振動子をヒモやロープに接続しておいた方が良いでしょう。(鵜飼いのようなイメージ)

  • ポケット魚探の振動子のケーブル長は9m程度ですが、ワイヤレスの場合、数十メートル範囲で電波を飛ばす事が可能です。
  • 少し離れた場所からキャスティングを楽しむ事が出来ます。
  • 振動子をボートやフロートに取付けて使う探知方法も可能です。
  • ロッドやラジコンボートに繋いで使うのもアリ。アイデア次第で色々と機動的なキャストを楽しめます。
  • 電源が基本的に電池(リチウムイオン電池など)なので、省スペース性やポータブル性に長けています。
  • 2台目の魚群探知機をお探しの方なども、試してみると面白いかもしれません。
海の上のカヤック

ワイヤレス魚探の振動子(センサー)は、水面に浮かす「ウキ型」が基本です。また最近は、操作・画像表示を行う部分(本体)にバリエーションが出てきました。

なお、電波の送受信状態が機能に影響を及ぼすので、通常の魚群探知機とは、扱い方が変わってくるでしょう。そして、振動子(ウキ)を見失わないような配慮も要するでしょう。

ワイヤレス魚探の体験談:ワイヤレス魚探を試してみた!シーバス釣りとワイヤレス魚探

スポンサーリンク

スマホと連携する新型魚探

ワイヤレス(無線式)の魚群探知機には、スマホやタブレットに画像を映して使える、次のような製品があります。

浮き型ワイヤレス魚群探知機 Sona.r Ball

  • サイズ・重量:直径68.6mm、約118g
  • 最大測深:30~40m(直径15m)
  • Bluetoothの通信距離:20-40m
  • 潮汐表・月齢の表示、水温計測
  • バッテリー(充電式):連続駆動6-8時間
  • 本体素材(外部):ポリカーボネート・シリコン

振動子は浮き型。スマートフォンととBluetoothで連携して、スマホ(iOS、Android対応)に画像が表示される、スマホ連携型・魚探です。

スマホで水の中をチェック出来るのは、手軽だし興味深いです。

Deeper Wireless Fishfinder

  • サイズ・重量:直径約65mm、約100g
  • 最大測深:0.5~40m
  • ソナー:2周波(90kHz/55°、290kHz/15°)
  • Bluetoothの通信距離:約50m
  • 気温:水温計測
  • 動作温度範囲(-20~40°)
  • バッテリー(充電式):連続駆動4時間
  • 付属品:ボルト、ポーチ、充電用USBケーブル
  • 本体素材(外部):ABS樹脂

2周波のソナーで、広範囲な探査を行い魚・ベイトフィッシュ・ストラクチャー・底質を描写します。

Bluetooth接続にて、スマホをカラーモニターとして使用します。幅広いスマホに対応(iOS 5.0以上、Android 2.3以上)。

TwitterやFacebookを活用したデータ共有も行えるとの事です。専用アプリ(完全無料)も用意されているそう。

腕時計型や充電式タイプ

いずれも1週波(低周波)で指向角度が広めのタイプです。広範囲のサーチに向いていそう。

腕時計型

  • 本体サイズ・重量:H127×W72×T30mm/186g
  • 1.7インチTFTカラー(128×160ピクセル)
  • 最大測深:45m
  • ソナー:1周波(125kHz/90°)
  • 電波の到達範囲:約60m
  • 振動子:水温センサー内蔵
  • フィッシュアイコン、底質カラー表示
  • リチウムイオン電池内蔵/交換可
  • 本体素材(外部):プラスチック
  • 同梱品:本体、振動子、他

ユニークな腕時計型の魚群探知機です。探査時はアンテナを伸ばします。

浮き型の振動子は水温センサー内蔵。

底質の表示もそれなりに可能。楽しめそうですね。

充電式

  • 本体サイズ・重量:H120×W65×T22mm/102g
  • ディスプレイ:50×40mm/カラー
  • 測深範囲:約60cm~36m(2ー120ft)
  • ソナー:1周波(120kHz/90°)
  • 電波の到達範囲:約80~100m
  • 動作温度:-10-70℃
  • 電源:充電式バッテリー
  • 同梱品:アンテナ、振動子、充電ケーブル、ネックストラップ、マニュアル(英語版)

探査時はアンテナを本体に接続します。

各種アラーム機能、底地形描画、水温表示機能など装備。

魚のおおよその大きさ(大小)を判定してくれます。

英語版ですが、ft/mのいずれでも表示が行えます。

探見丸スマート フィッシュファインダー

シマノ(SHIMANO)の魚探と言えば、釣り船で見かける「探見丸」がお馴染みですが、新たに、ワイヤレス魚探をリリースしました。

おそらくフルノが製作しています。ワイヤレス系では、かなりハイクオリティーな製品であると言えるでしょう。期待出来そうです。

  • スマートフォンで魚影の画像チェックが出来ます。
  • 単三アルカリ電池で稼動します。
  • ソナーは200Khz。探知範囲は70mまで。
  • 通信距離は30m。

本サイトの探見丸シリーズのページでもご紹介しています。

SERACH!

amazon-logo

ワイヤレス 魚群探知機

ワイヤレス 魚群探知機 の通販商品一覧

「ワイヤレス 魚群探知機」の検索結果

このページの先頭へ